アクアクララ・カナジュウ 神奈川県内を走る元気な配送スタッフのブログ

神奈川県横浜市を中心にアクアクララをお届けします。

Entries

はじめまして!!

こんにちは!!
アクアクララ・カナジュウポーター平松です!
毎週金曜日は私平松が様々な情報などを発信致します。
今後ともよろしくお願いします!

今日は備蓄水についての豆知識をお届け致します。
 
東日本大震災では、東北地方を中心に各地で大規模な断水が
発生しました。 断水率は宮城県では71%、福島県では64%と
なるなど甚大な被害が報告され、日本中で「飲料水の備えの
大切さ」が改めて明らかになりました。
「横浜市防災計画」の被害想定では、大地震時には水道管の破損
により市内約25%の世帯で断水が発生するとしています。
 また、水道水の製造やお客さまへの配水には、電力が不可欠
です。 具体的には市外取水施設での揚水(水の汲み上げ)、3か
所の浄水場でのろ過処理、市内各所に設置した配水ポンプの運
転などに多くの電力を必要としています。 そのため、市内外で
停電が発生した場合には、断水する世帯はさらに多くなること
が考えられます。
 同様に、マンションなどで自家用ポンプにより水道水を上層
階にくみ上げている場合も、停電が生じると非常用発電設備が
ない限り、断水することとなります。

・家庭における飲料水の備蓄
災害に備え、1人1日3リットル、最低3日分で9
リットル以上の飲料水備蓄をお願いしています。 成人1
人が1日に体外に排出する水分量は2.5リットル程度と
いわれていることから、これに若干余裕を加え、1日に必
要とする飲料水の量の目安を約3リットルとしています。
 震災発生時には、給水車は病院等を優先して給水しま
す。 また、市内には概ね500m圏内で飲料水を入手でき
る応急給水拠点がありますが、夜間や悪天候時には給水
作業が困難になることが考えられます。 さらに、給水を
受ける市民の皆さまは、自ら容器を用意し、長時間順番
をお待ちいただくことが想定されます。
 しかも、重い水(9リットル=9kg)を自宅まで運ぶため
に、大変な労力を必要とします。
 このため、各ご家庭で最低3日分を目安として、飲料
水の備蓄をお願いします。
なお、体を清潔にすることや、洗濯をするための生活用
水については、飲料水と別に確保する必要があります。

・企業における飲料水の備蓄
 東日本大震災では、会社から自宅に帰ろうとし
た多くの人が帰宅困難となりました。 横浜市では、
平成25年6月に施行された「横浜市災害時におけ
る自助及び共助の推進に関する条例」の中で、従業
員の一斉帰宅抑制など、事業者の努力義務につい
て定め、帰宅困難者対策に取り組んでいます。
 発災直後は交通機関の運行停止、落下物等によ
る負傷など、危険な状態が想定されるため「むやみ
に移動しない」ことが肝心です。
 このため水道局では、災害時に従業員の皆さま
が安心して職場に留まれるよう「職場での飲料水
備蓄」を企業にお願いしています。
 備蓄の目安は、家庭と同様に 1人1日3リットル、
最低3日分で9リットル以上です。

自分や大切な人を守るため、いざという時に備えて飲料水を備蓄しましょう!
チャプリンと虹

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://blog754.blog12.fc2.com/tb.php/1720-e6b26990
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
遊ぶブログ | ©2007 G-Poket.com | 無料レンタルブログ FC2BLOG |